TOP

スポンサー健康ネット

楽しく乗り切りたい更年期

私も近い将来閉経を迎えて、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されなくなると更年期がくるのだろう。
エストロゲンは骨や関節、血管、脳、肌などの健康を維持するために大きく関わっているので
これが激減することで骨粗しょう症や動脈硬化、認知症などのリスクが急に高くなるのです。

だいたい40歳を過ぎたころから卵巣機能は徐々に衰えていって、いずれ閉経を迎えます。
多くの女性は、50歳前後で閉経を迎えることから、だいたい45歳~55歳の期間を更年期と呼んでいます。

更年期の一番大きなサインは
☆月経周期が乱れ
☆日数や出血量が毎月と違う
そう感じたら、更年期に入ったサインなんです。
あとは、疲れが抜けない。食欲が落ちてきた。何かしら体の変化と気持ちの変化が起こります。

なんか考えただけで憂鬱ですが、生きてく上では避けて通れない時期。
どうせだったら、更年期も吹き飛ばすパワーでうまく乗り切りたいですよね。

なにより一番はストレスをためないで過ごすことですが大事です。でも何かとストレスはたまるもの。。。
ストレス解消として、香りで癒されるアロマテラピーをいろいろ試してみたいです。
アロマは精神を安定させてくれたり、ホルモンの分泌を整えて自律神経の乱れを整えて心もリラックスさせてくれるんです。
アロマポットなどで香りを得る方法や、マッサージでも効果があります。

従妹がアロマで更年期の時期を過ごす効果を得てるのでいろいろ教えてくれるんです。
そしてたくさんの種類のオイルをもっていて配合とかも詳しいので頼りになる存在なのです。

体調は毎日変化しますので、その体調に合わせた香りを使うことで効果を得てみましょう。
代表的なのは
☆ラベンダー
☆ジャスミン
☆クラリセージ
などなど。
どれも気分を落ち着かせてくれたりイライラを和らげてくれます。

またアロマを使ってバスボムなんかを作ってみるのも楽しいですね。
重層やコンスターチ、クエンサンを混ぜ合わせてできちゃいます。
それにちょっとアロマをたらすだけ。

作っているときもアロマの香りが漂いますし、作る楽しさもあります。
なにかに集中することで、イライラも忘れてしまいそうですね。

だけどもし作るのがめんどくさかったら買ってもいいのです(笑)
いろんな種類のかわいいのが売っていますから♪

まず無理をしないで過ごすことが大切です。
まわりには理解が難しいこともあるかもしれませんが、
一人で悩まずに、同年代の友達、先輩などと情報を共有できたらいいですね。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

.

最終更新日:2015-09-06 09:05

コメント (0)